2013年09月11日

【紙一重】デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(3)

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、お客さまが、渋々営業している(働いている)営業マンを嫌悪、忌避するのを熟知していない。

▲このため、デキない営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面以外(上下左右のいずれか)を向いて、素の顔で話しかける。

▲結果、お客さまは、担当営業マンが「不機嫌に窺えたこと」&「渋々(不本意に)営業に来た様に窺えたこと」に気を悪くし、担当営業マンに”話せない感(=悪印象&不信)”を抱くと共に、商品の(再)購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、お客さまが、渋々営業している(働いている)営業マンを嫌悪、忌避するのを熟知している。

●このため、デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。

●結果、お客さまは、担当営業マンが「御機嫌に窺えたこと」&「本意で営業に来た様に窺えたこと」に気を良くし、担当営業マンへの”話せる感(=好感&信頼感)”を高めると共に、商品の(再)購入意欲も高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(1)
デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(2)  続きを読む

Posted by dekirueigyoman at 08:00Comments(0)TrackBack(0)clip!

【宿題】○月×日以降、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(3)

<営業マンさんがすべきこと>

■お客さまに満足度の高い新車購入をしていただくには、営業マン&店舗へ好感と信頼を抱いていただくのが欠かせない、と心得る。

■お客さまに営業マンへ好感と信頼を抱いていただくには、お客さまの期待を理解しかつ応えることが欠かせない、と心得る。

■新車の購入は、お客さまにとって、人生の一大事である、と心得る。

■↑ゆえ、お客さまは、本意で営業している(働いている)営業マンを選好し、渋々(不本意に)営業している営業マンを嫌悪、忌避する、と心得る。

■無防備の素の顔は、他者からすると不機嫌で、物事を渋々やっている様に窺える可能性が高い、と心得る。

■↑ゆえ、営業マンが正面以外(上下左右のいずれか)を向いて、素の顔でお客さまにインターホンで話しかけるさまは、お客さまからすると不機嫌で、渋々営業しに来た様に窺える可能性が高い、と心得る。

■↑ゆえ、お客さまの家を訪れ、インターホンで話しかける際は、正面を見て、笑顔で話しかけ、御機嫌かつ本意で営業しに来た様直感いただくことが先決かつ欠かせない、と心得る。

■会社のデスクや自宅のテーブル&トイレに鏡を設置し、絶えず笑顔をチェックする。

■奥さま、ガールフレンド、親友をお客さまに見立て、実際にインターホンを使って、本活動のロールプレイングを行う。

■○月×日までの行動計画を立てる。

この宿題をやり切ってデキる営業マンになると良い理由→






<営業マンさんの上司(店長さん、営業部長さん、社長さん)がすべきこと>

■売上&収益はお客さまにご満足いただけた結果である、と心得る。

■営業マンさんが宿題を行うのを支援する。

■全員で、実際にインターホンを使って、本活動のロールプレイングを行う。

■自ら、全ての来店客に、正面を向いて、笑顔で挨拶する。

■自ら、全ての店舗スタッフに、正面を向いて、笑顔でコミュニケートする。

■デスク&トイレに鏡を設置する。

■営業マンさんが店頭で接客した際は、挨拶&笑顔をチェックし、後で個別にレビューする。

■「挨拶&笑顔コンテスト」を社内で定期的に実施し、優秀者を褒賞&公表する。

この宿題をやり切ってデキる営業マンを創ると良い理由→


  続きを読む
Posted by dekirueigyoman at 07:00Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月04日

【紙一重】デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(2)

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、お客さまが自宅でインターホンに出る(インターホンのモニターを見る)時、来客が招かれざる客でないか警戒するのを熟知していない。

▲このため、デキない営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面以外(上下左右のいずれか)を向いて、素の顔で話しかける。

▲結果、お客さまは、来客が招かれざる客か否か速やかに判別できなかったこと(→警戒がすぐに緩められなかったこと)に気を悪くし、担当営業マンに”話せない感(=悪印象&不信)”を抱くと共に、商品の(再)購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、お客さまが自宅でインターホンに出る(インターホンのモニターを見る)時、来客が招かれざる客でないか警戒するのを熟知している。

●このため、デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。

●結果、お客さまは、来客が招かれざる客か否か速やかに判別できたこと(→警戒がすぐに緩められたこと)に気を良くし、担当営業マンへの”話せる感(=好感&信頼感)”を高めると共に、商品の(再)購入意欲も高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(1)
デキる営業マンは、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(3)  続きを読む
Posted by dekirueigyoman at 08:00Comments(0)TrackBack(0)clip!

【宿題】○月×日以降、お客さまにインターホンで話しかける際、正面を向いて、笑顔で話しかける。(2)

<営業マンさんがすべきこと>

■お客さまに満足度の高い新車購入をしていただくには、営業マン&店舗へ好感と信頼を抱いていただくのが欠かせない、と心得る。

■お客さまに営業マンへ好感と信頼を抱いていただくには、"その"お客さま(=only the customer)の事情や心情を酌みかつ応えることが欠かせない、と心得る。

■お客さまは、自宅に居る時、凡そくつろいでいる、と心得る。

■↑ゆえ、お客さまは自宅でインターホンに出る(インターホンのモニターを見る)時、来客が不審者をはじめとする招かれざる客でないか警戒する、と心得る。

■↑ゆえ、営業マンが正面以外(上下左右のいずれか)を向いて、素の顔でお客さまにインターホンで話しかけると、お客さまは来客が招かれざる客か否か速やかに判別できず、警戒がすぐに緩められない、と心得る。

■↑ゆえ、お客さまの家を訪れ、インターホンで話しかける際は、正面を向いて、笑顔で話しかけ、非招かれざる客の来客を直感いただくことが先決かつ欠かせない、と心得る。

■会社のデスクや自宅のテーブル&トイレに鏡を設置し、絶えず笑顔をチェックする。

■奥さま、ガールフレンド、親友をお客さまに見立て、実際にインターホンを使って、本活動のロールプレイングを行う。

■○月×日までの行動計画を立てる。

この宿題をやり切ってデキる営業マンになると良い理由→






<営業マンさんの上司(店長さん、営業部長さん、社長さん)がすべきこと>

■売上&収益はお客さまにご満足いただけた結果である、と心得る。

■営業マンさんが宿題を行うのを支援する。

■全員で、実際にインターホンを使って、本活動のロールプレイングを行う。

■自ら、全ての来店客に、正面を向いて、笑顔で挨拶する。

■自ら、全ての店舗スタッフに、正面を向いて、笑顔でコミュニケートする。

■デスク&トイレに鏡を設置する。

■営業マンさんが店頭で接客した際は、挨拶&笑顔をチェックし、後で個別にレビューする。

■「挨拶&笑顔コンテスト」を社内で定期的に実施し、優秀者を褒賞&公表する。

この宿題をやり切ってデキる営業マンを創ると良い理由→

  続きを読む
Posted by dekirueigyoman at 07:00Comments(0)TrackBack(0)clip!