2019年07月31日

【紙一重】デキる営業マンは、顧客から「故障or事故に遭った」旨通知されても、解決策の案出&実行をサービスや保険会社へ丸投げしない。

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、「顧客(※)と長期に渡って良い関係を築くには、顧客の愛車に発生した問題の解決に最善を尽くすのが肝心である」、と心得ていない。
(※)新車や中古車など、これまで何らかの商品を購入してくださったお客さまのこと。

▲このため、デキない営業マンは、顧客から「故障or事故に遭った」旨通知されると、解決策の案出&実行をサービスや保険会社へ丸投げする。

▲結果、顧客は、「担当営業マンが急場で頼りにならないこと」&「商品を購入してから担当営業マンが真摯に向き合わないこと」&「”長く付き合うに足るお客”と見られていない(感がある)こと」に気を悪くし、担当営業マン&店舗へ落胆と”話せない感(=不信)”を抱くと共に、商品の再購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、「顧客と長期に渡って良い関係を築くには、顧客の愛車に発生した問題の解決に最善を尽くすのが肝心である」、と心得ている。

●このため、デキる営業マンは、顧客から「故障or事故に遭った」旨通知されても、解決策の案出&実行をサービスや保険会社へ丸投げしない(→至急、サービスや保険会社のスタッフとでき得る最善の解決策を案出する&案出した解決策を「その」顧客へ提示する)。

●結果、顧客は、「担当営業マンが急場でも頼りになること」&「商品を購入した後も担当営業マンが真摯に向き合ってくれること」&「”長く付き合うに足る上客”と見られている(感がある)こと」に気を良くし、担当営業マン&店舗への”話せる感(=信頼)”を高めると共に、商品の再購入意欲も高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、顧客からクレームをつけられても、逃げない。
▼その他の紙一重▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社