2019年12月04日

【紙一重】デキる営業マンは、年賀状を発送する際、宛名を筆(ペン)で書く。

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、年賀状を新年の広告と考える。

▲このため、デキない営業マンは、年賀状を発送する際、宛名ラベルを貼る(=宛名に印字物を使う)。

▲結果、お客さまは、「『大量制作』&『大量発送』感溢れる年賀状が届いたこと」&「自分がその他大勢のお客(=one of the customers)として扱われていること」に気を悪くし、店&担当営業マンへ悪印象を抱くと共に、商品の(再)購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、年賀状を新年の私信と考える。

●このため、デキる営業マンは、年賀状を発送する際、宛名を筆(ペン)で書く。

●結果、お客さまは、「真心が感じられる&上品な年賀状が届いたこと」&「店&担当営業マンが自分のことを”個”客(=only the customer)&上客としてもてなしてくれていること」に気を良くし、店&担当営業マンへ好印象を抱くと共に、商品の(再)購入意欲を高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、DMを発送する際、宛名を手書きする。
デキる営業マンは、顧客に対し、年賀状と初売案内状を別々に送る。
▼その他の紙一重▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社