2008年02月22日

【紙一重】デキる営業マンは、店にかかってきた電話を4コール以上で取ると、真っ先に非礼を詫びる。(2)

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、電話取りを雑用と考える。

▲このため、デキない営業マンは、店にかかってきた電話を4コール(=約10秒)以上で取っても、非礼を詫びたりしない。

▲結果、顧客(※)は、用件があってかけた電話がなかなか繋がらなかったことに気を悪くし、店&スタッフへの"話せる感"&信頼に疑問符を付ける共に、用件もソコソコに電話を切るのはもちろん、商品の再購入意欲を高めあぐねる。
(※)新車や中古車など、これまで何らかの商品を購入してくださったお客さまのこと。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、電話取りを顧客生涯化の営業活動と考える。

●このため、デキる営業マンは、店にかかってきた電話を4コール以上で取ると、真っ先に非礼を詫びる。
<例>大変お待たせして申し訳ありません。○○(※会社名)△△(※店舗名)店営業担当□□(※自分の名前)でございます。(礼)

●結果、顧客は、用件があってかけた電話がなかなか繋がらず気を悪くしかけたものの、電話に出たスタッフが真っ先に謝罪してきたことで気を取り直し、失いかけた店&スタッフへの"話せる感"&信頼を蘇らせると共に、用件を話し切ってから電話を切るのはもちろん、商品の再購入意欲を高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、店にかかってきた電話を4コール以上で取ると、真っ先に非礼を詫びる。(1)
デキる営業マンは、店にかかってきた電話を3コール以内で取った際、「大変お待たせ致しました」と詫びたりしない。(2)
デキる営業マンは、店にかかってきた電話をすぐに取る。(2)
▼その他の紙一重▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社

この記事へのトラックバックURL