2011年09月14日

【紙一重】デキる営業マンは、お客さまに出身地を訊く。(2)

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、お客さまに出身地を訊かない。

▲このため、デキない営業マンは、お客さまが自分と同郷か否かわからない(→お客さまと出身地情報をシェアすることができない)。

▲結果、お客さまは、担当営業マンとの精神的距離が縮まらないことに気を悪くし、担当営業マンに悪印象&「話したくない/話せない感」を抱く(or強める)と共に、検討していた車の興味と購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、お客さまに出身地を訊く。

●このため、デキる営業マンは、お客さまが自分と同郷か否かわかる(→お客さまと出身地情報をシェアすることができる)。

●結果、お客さまは、担当営業マンが同郷であったこと(or担当営業マンの出身地がわかったこと)&担当営業マンとの精神的距離が急速に縮まったことに気を良くし、担当営業マンへ強い(or一層の)親近感&「話したい/話せる感」を抱くと共に、検討している車の購入意欲を高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、お客さまに出身地を訊く。(1)
デキる営業マンは、お客さまに出身地を訊く。(3)
デキる営業マンは、ハートフルな笑顔を絶やさない。(1)
▼その他の紙一重▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dekirueigyoman/51820004
この記事へのトラックバック
内向的営業マンのためのシナリオトーク術内向的な営業マンでも、トップセールスマンになれる方法を公開しています。著者自身が現役時代に契約率73%を出したシナリオトークをご覧ください!! コンセプトは一切売り込まなくてもお客さんの方から欲しいと思わせるための営業
内向的営業マンのためのシナリオトーク術【ビジネスマンのキャリアとスキルの向上を応援するブログ】at 2011年09月21日 02:44