2013年10月16日

【宿題】○月×日以降、商品説明をする際、無確証かつ否定的な業界/他社情報を無闇に付言しない。(3)

<営業マンさんがすべきこと>

■お客さまに満足度の高い新車購入をしていただくには、営業マン&店舗へ好感と信頼を抱いていただくのが欠かせない、と心得る。

■お客さまに営業マンへ好感と信頼を抱いていただくには、先ず人として嫌われないことが欠かせない、と心得る。

■人として嫌われないためには、人の原理原則を理解しかつ外さないことが欠かせない、と心得る。

■自分の愛好する企業or商品(ブランド)を中傷されて心地良く感じる人は皆無である、と心得る。

■お客さまの愛好する企業or商品(ブランド)を全て理解するのは不可能である、と心得る。

■↑ゆえ、商品説明をする際、無確証かつ否定的な業界/他社情報を無闇に付言すると、お客さまに人として嫌われかねない、と心得る。

■お客さまを慮って、無確証かつ否定的な業界/他社情報を付言する際は、予め信頼を相応に得た上で、自分なりの理由と、「あくまで個人的な印象or意見」との断りを添えることが欠かせない、と心得る。

■業界/他社情報を収集した際は、可能な限りウラ(→確証)を取る。

■○月×日までの行動計画を立てる。

この宿題をやり切ってデキる営業マンになると良い理由→






<営業マンさんの上司(店長さん、営業部長さん、社長さん)がすべきこと>

■成約率及び見込客発生率を高めるには、お客さまに検討車種が最適車種か否かを自信を持って判断いただくことが効果的であり、かつ、欠かせない、と心得る。

■営業マンさんが宿題を行うのを支援する。

■営業マンさんの同席商談をした際、自分も、無確証かつ否定的な業界/他社情報を無闇に付言しない。

■商品説明のロールプレイングを行う際、営業マンさんが無確証かつ否定的な業界/他社情報を付言しないか注意する。

この宿題をやり切ってデキる営業マンを創ると良い理由→


▼その他の宿題▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社

この記事へのトラックバックURL