2014年09月24日

【紙一重】デキる営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、黙る。(2)

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、「相手(他者)に自分の手の内を披露し、意思決定を迫った後、無駄に話し続けるのは、言い訳がましく、かつ、手の内の内容に自信の無い証拠と受け取られる可能性が高い」と心得ていない。

▲このため、デキない営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、その根拠や所以等々、訊かれてもいないのに話し続ける(→黙っていられない)。

▲結果、お客さまは、提示された条件が胡散臭く、担当営業マン&店に不信を抱くと共に、新車の購入意思決定をしあぐねる。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、「相手に自分の手の内を披露し、意思決定を迫った後、無駄に話し続けるのは、言い訳がましく、かつ、手の内の内容に自信の無い証拠と受け取られる可能性が高い」と心得ている。

●このため、デキる営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、黙る(→お客さまに反応いただいて初めて、沈黙を破る)。

●結果、お客さまは、提示された条件が確からしく、新車の購入意思決定を早める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、黙る。(1)
デキる営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、黙る。(3)
デキる営業マンは、お客さまに販売条件を提示すると、黙る。(4)
▼その他の紙一重▼
カスタム検索

トップページ趣旨メールマガジン版(無料)のご案内筆者と会社

この記事へのトラックバックURL