2015年11月18日

【紙一重】デキる営業マンは、予め納期を確認し、長い場合はその旨断りと目安の日数を告げてから、商品説明を本格的に始める。

<デキない営業マン>

▲デキない営業マンは、予め納期を確認せずに、商品説明を本格的に始める。

▲このため、デキない営業マンは、商品説明を盛り上げた挙句、納期確認でお客さまを待たせ、しかも、長納期を結果報告してしまう。

▲結果、お客さまは、折角のソノ気に冷水をかけられたことに気を悪くし、担当営業マン&店へ落胆と悪印象を抱くと共に、検討車種の興味と購入意欲を失う。





<デキる営業マン>

●デキる営業マンは、予め納期を確認し、長い場合はその旨お客さまに断りと目安の日数を告げてから、商品説明を本格的に始める。

●このため、デキる営業マンは、商品説明を盛り上げた挙句、納期確認でお客さまを待たせ、しかも、長納期を結果報告したりしない(→お客さまをソノ気にさせたまま、クロージングにスムースに移行できる)。

●結果、お客さまは、折角のソノ気がいや増されていることに気を良くし、検討車種の興味と購入意欲を高める。

デキる営業マンになるorデキる営業マンを創るには→



※関連紙一重
デキる営業マンは、納期を確認してから、商品説明を本格的に始める。

この記事へのトラックバックURL